Guardianお見積り - 最初のお支払い項目

Guardianでは基本料金の他に追加で発生する作業等に応じて追加料金を設定しています。 まずは下記に沿って簡単お見積りを行ってください。

Guardian基本料金 60,000
申告は必要ですか? オススメ

Guardianでは仮想通貨の損益計算代行をベースとしています。 別途、税理士による確定申告書の作成・提出代行を希望される方は「申告も依頼する」を選択してください。

申告サポート料金
20,000 円 ~

Guardianお見積り - 追加料金項目

下記で見積った金額は確定ではなく、実際のサービス提供後に確定 となりますのでご留意ください。

対応外取引所数 -

指定する対応取引所(ウォレットを含む)以外の取引所を利用されている方はその数によって料金が変動します。対応取引所や詳しいカウント方法については こちら をご覧ください。

見込み取引件数 -

年間の取引件数が多い場合には仮想通貨の損益計算の検証作業の負担が増加するため、年間取引件数5,000件以上から追加料金が発生します。

2018年度計算結果 -

2018年度から持ち越した仮想通貨の数量・単価情報がなく、2018年度以前の計算が必要な場合は追加料金が発生します。 なお、ご自身で期首情報を算定する際には追加料金は発生しません。

お見積り合計金額 60,000